2012年に高次元へのアセンションにうまく乗れるように自身の生活をシフトしておきましょう。そのための情報を提供します。アセンションを楽しむスピリチュアルなサイト。

1月 01

2009年1月1日です。

2009年が始まりましたね.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
ワクワクしながらその瞬間を迎えられましたか?

 

さて、「2009」の指し示す方向は…
陰陽
両極的
プラス・マイナスがハッキリ分かれる

 

<プラス面>
良い変化
才能発揮
過去の再来

<マイナス面>
悪い変化
不安定な状況
過去の報いを受ける

ちなみにこの流れはすでに始まっていて
プラス・マイナスを分ける境界線が
2009年はハッキリすると言えます
(*´-`*)

 

そして、
プラス・マイナスのボーダーラインで踏み止まっていた人達には
どちらを選ぶか選択を迫られます
(゚Д゚ノ)ノ

 

 

ではプラス面・マイナス面を分析してみますね♪

☆プラス面—-「才能発揮」

ここでの才能発揮とは
運動能力が上がる、芸術能力が上がる、学力が上がる…
というような次元ではありません

ここで言う才能発揮とは
内なる自分を探求することにより
思いもつかないような可能性が開花するという事です
.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

地球はすでにアセンション・次元上昇を始めています
このエネルギーをプラスで捉えられた人は
生まれ持った力に気付き、覚醒します*:.。.☆

いわゆる「超能力!?」と言えるような事を
普通に、日常生活の中で発揮する人が大勢出てきます

選ばれた人だけが発揮するのではなく、
「生まれ持った力を使う」と「決心」した人が才能を発揮します
(*^・^*)

生まれ持った素晴らしい能力を「自我」で隠すか、
自我」を自らの意志で脱ぎ捨て才能を発揮するか、
選ぶのは自分自身です
+.゚(*´∀`)b゚+.゚

 

☆プラス面—-「過去の再来」

地球は現在、
エゴ(利己的)→エヴァ(調和・愛)に移ろうとしています。

かつて地球にもエヴァの時代がありました*:.。.☆
以前書きましたがエゴとエヴァを繰り返して今の地球はあります
〆(・ω・o)フォトンベルトと地球の関係は「こちら」(10話

そのエヴァの時代(過去)が
2009年より現れ始める(再来)という事です
〃^∇^)o彡

どう現れるか…

それは地球でのエヴァ時代を体験した高次元の存在、
又、宇宙や地底に存在するエヴァを体現した存在が
いよいよ地上に姿を現します*:.。.☆

それは地球人をエヴァへ「サポート」(24話)する為です♪
「ヘルプ」ではなく「サポート」
「手助け」ではなく「お手伝い」をしてくれます
+.゚(*´∀`)b゚+.゚

そして、
私達も徐々にエヴァの世界を体感出来るようになっていきます

 

 

★マイナス面—-「不安定な状況」

これはすでに世の中を見れば分かりますね
(=ェ=`;)

この不安定な状況はすでに「流れ」となり、
経済危機、自然災害、国同士の闘争、個人レベルでの不調和
と、速いスピードで繋がっていってます。。。

これは地球のアセンション・次元上昇にも関係しています

人間がアセンションをする際「自我」を手放すのと同じで、
地球もスムーズなアセンションをする為
溜め込み過ぎた毒を排出し、
内側からの浄化をすでに始めています!

これ以上、地球に関わる存在のマイナスを請け負えない、
「もう限界です」という地球の声、聞こえますよね
(;-ω-)ノ

この流れに巻き込まれるか、回避するかは
個人レベルでの問題です

地球が、国が、地域が、会社が、友人が、同僚が
巻き込まれているから、「私も」ではありません
「私」は何を選ぶか!なのです
〃^∇^)o彡

 

 

★マイナス面—-「過去の報いを受ける」

過去にしてきたエゴ的行為が自分に返ってきます
ニュースを見ていても分かりますよね…
過去、隠蔽出来ていた事件がどんどん表面化しています
〆(・ω・o)エゴについては「こちら」(7話

それは国、地域、会社単位でもありますが、
個人レベルでももちろん返ってきます。。。

ただその過去の過ち・利己的な行為は
自分の中でしっかり認め、受け止め、
そして「繰り返さない」と「決心」し手放す事で
新たなスタートを切ることが出来ます
(*´-`*)ゞ

過去の自分の行為を後悔するのではなく、
過去から何を学ぶか、
それによりどう成長するかが1番重要なのです
(*´∇`)ノ

 

…さて、
ざっと書いてみましたがいかがでしたでしょう?

2009年をエキサイティングな1年にしてみませんか
〃^∇^)o彡

 

姫だるま

written by 姫だるま at 2009年1月1日10:37 AM
\\ tags: , , , , , , , , , , , , , ,
この記事をプリントする この記事をプリントする

コメントはまだありません

Comments are closed.