2012年に高次元へのアセンションにうまく乗れるように自身の生活をシフトしておきましょう。そのための情報を提供します。アセンションを楽しむスピリチュアルなサイト。

6月 09

こんにちは、姫だるまです^^

 

数年後に訪れる
地球新時代の「スタート」、ワクワクしました?
(*^・^*)

「分離」 ⇒ 「合一」、「闘争」 ⇒ 「調和」、「エゴ」 ⇒ 「エヴァ」
「闇」 ⇒ 「光」へと時代は変換していきますよぉ
.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

では前回の冒頭に書いた「恐怖心」に関してですが
変化に対する「恐怖」の源の探求、トライされた方はいらっしゃいますか?

トライされた方は気づかれたと思いますが
その恐怖心の源は「自己否定」です(゚Д゚ノ)ノ

・私は「五次元」へ移行出来ない
・私は「大いなる変化」についていけない

チャレンジする前から「私には無理」という判断を下してしまう…
この自己否定は日常のあらゆる場面でも
自己の成長、発展、進化を妨げます(/ω\*)

 

「私には無理」「私には不可能」=自分の勝手な思い込み
というのを強く意識して下さい。

その自己否定というクセ、意識を手放す事により
自分の中から「恐怖心」というものが消えてなくなっていきます。

意識はエネルギーです☆.。.:*・゚
「恐怖心」を持てば、それが現実に反映されます。
思い通りの人生とは、ほど遠くなりますよねぇ。。。ρ(-ω- )

という訳で
是非「自己否定」「恐怖心」の手放し作業、進めて下さいね♪

 

 

ではでは今回は
新時代が「スタート」してからの私達人類について書こうと思いますヾ(^ω^*)

「スタート」直後の地上は
目に見える変化はさほどないかもしれませんが
個人が体感する世界観には違いが出てくると言われています。

現在の地球上では
波動や次元が高い方も
波動が次元が低い方も
目に見える景色、時間軸、空間に差はありません。

 

もちろん波長や進化度の違いで感覚や意識に差は生じますが
三次元世界という1つの界の中で日常を送っています。

しかし「スタート」後の地上は
個人が到達している次元の世界が
その人自身の周りに現れるので

個人ごとに時間軸や空間、目に見える景色も変ってきます。

「スタート」直後の地球は「五次元界」に統一された世界ではありません。
三次元、四次元、五次元が同時に存在する世界になると言われています。

+.゚(*´∀`)b゚+.゚

 

なぜなら、いきなり「五次元」のみに統一された世界にすると
地球にとってエネルギー源となっている人類が
ほとんど残れなくなってしまうからです。。。

地球のアセンションを牽引する人数
(五次元界に到達出来る人数)
は数万人~数十万人と言われてますから
全人類から考えるとかなり少ない人数ですよね。

  〆(・ω・o)「地球のアセンションを牽引」については「こちら」(72話

 

その為、地球が完全なる「五次元界」となり
高度な銀河系にテレポテーション(時空元間移動)する時まで
人類の進化を促す為の猶予期間がもうけられてるみたいです
(*´-`*)ゞ

 

それも数年~数十年と言われているので
その猶予期間内に進化、次元上昇を拒んだ方は
三次元もしくは四次元の別の惑星へ移動していく事になります。

 

話を戻しますが
「三次元、四次元、五次元が同時に存在する世界」
とはどういう事か…

地球がアセンション・次元上昇して
「変容した世界」や「新たに用意された世界」に
人間が入っていくのではありません
(*´∇`)ノ

自分自身で変容し
その次元の世界が自分の周りに現れるのが
人類の次元上昇です
☆.。.:*・゚

 
その為、1つ屋根の下に居ながら
弟 ⇒ 五次元
兄、母 ⇒ 四次元
父、祖父 ⇒ 三次元
なんて例もありうる訳です。

それぞれが、それぞれの創り出した世界の中で
新しい時代をスタートさせるんですね。

 

見るもの全てが光輝き、
イメージした物がどんどん現象化される弟。

アセンションの高エネルギーと変化についていけず
ひたすら眠りながら体内調整を行う母。

五次元への到達に間に合わず
波長Upのサポートを弟に依頼する兄。

心の闇が一気に溢れ出し苦悩する父。

変化を拒み、三次元の他の惑星への移動を選んだ祖父。

 

ちょっと、想像しにくい光景ですよね…
なぜ母が眠り続け、なぜ父が苦悩するのか
それは次回に書くとして。。。

 

ここまで読んで自分はどの次元を選びたいと思いましたか?
「五次元を選びたいけど、たった数万人でしょう(;´Д`A」
↑↑↑↑↑これが自己否定ですよ。

 

「アセンション」という言葉を知ってる人、自分の周りに何人いますか?

ねっ、気づきました?
今、「アセンション」という言葉を知っている時点で
すでに牽引メンバーに選ばれているという事ですよ( *´艸`)
それを受け入れるか拒むかは自分次第です♪

 

姫だるま

written by 姫だるま at 2009年6月9日3:00 PM
\\ tags: , , , , , , , ,
この記事をプリントする この記事をプリントする

コメントはまだありません

Comments are closed.