2012年に高次元へのアセンションにうまく乗れるように自身の生活をシフトしておきましょう。そのための情報を提供します。アセンションを楽しむスピリチュアルなサイト。

7月 07

81話★男女間に与えるエゴ・エネルギーの影響(゚Д゚ノ)ノ

ファースト・ステージ at 2009年7月7日7:07 PM コメントは受け付けていません。

今日は、七夕ですね。
こんばんは、姫だるまです(*^・^*)

 

順調に「チョイス」出来ていますかぁ?
「チョイス・選択」を選んでも、「見送り」を選んでも
最終的には学びや発見の多かった「いい経験♪」になるので

自分にプレッシャーや規制をかけず、チョイス ⇒ クリアしていって下さい
〃^∇^)o彡

見送りまくってきた案件を
チョイス⇒クリア出来た時のスッキリ感ったらないですよぉ♪
(*´∇`)ノこの件はまた改めて…

 

今回はゲストブックに頂いたコメントより
「アセンションのエネルギーが男女間に与える影響について」
私が知っている情報を書いてみたいと思います(*´-`*)ゞ

西暦2000年以降
エゴ⇒エヴァへの変換に伴うエネルギーが強く、大きくなっている*:.。.☆
ということは、もう御存知だと思いますが

個人レベルや国、地球レベルでその影響を受けているように
男女間、パートナー間でもこの影響は大いに受けているようです。

 

ではでは…なぜ男女の関係、関わりが必要なのか。

一番単純なところで言うと、
男女間、異性との関わりを持つ事による学びが大きいこと♪
また、その学びの中で、今世の課題のいくつかをクリアできる♪
という訳で、
与えられた出会い、関わりの中で、共に様々な体験・経験をしていきますが

この関わりの全てが、恋愛や結婚に繋がっていく…という訳ではありません。
って、そんな事は言われなくても分かっていますよね(*´-`*)ゞ

ちなみに異性、同性関係なく、
お互いの存在を認識し、何かしらの関わりを持つ相手というのは
偶然ではなく、縁があってその出会いはあると言われています。

 

ただ、縁があったとしても
今世において、相手に果たす役割を約束した上で出会っているのか
ここがとても重要なポイントなんです。

 

男女間の役割で言うと…

☆課題をクリアする為の協力者としての役割
☆共に成長し、進化していく為の仲間としての役割
☆恋愛を通し、共に成長、進化していく為の役割
☆結婚し家族を作っていく為の役割

などなど…たくさんありますよね。

もし、「Bodyを持った自分」と「本質の自分」「本来の私」
が一体化していたら
「どの役割で今、私達は出会っているのか」
というのが直感で分かるんです。

なので魂レベルでしてきた約束をスムーズに果たす事が出来、
必要以上の影響を与え合わずに済むんですね。

 

しかし…
数千年に及ぶエゴ文化の支配のせいで
「Bodyを持った自分」と「本質の自分」「本来の私」の間に
「分離」という現象が生じてしまいました。。。

うわべの意識に支配され、
本心が分からず、本来の自分が見えなくなってしまってるんですね。

ちなみに、
「課題をクリアする為の協力者としての役割」
に関して言えば、
ほんの一瞬の関わりで役割終了!という場合も大いにあります(*´-`*)ゞ

 

しかし、↑↑↑↑この目的のみで出会ったはずなのに
「役割」ではなく「縁」に心が奪われてしまい
本来の役割ではない
「恋愛」や「結婚」に発展してしまう場合もあるんです(゚Д゚ノ)ノ

特に現代人は強烈なエゴ・エネルギーにさらされ
激しく「分離」状態に陥っていた為
「お互いにおける今世での役割」
に気づく事が出来ないんですね。。。

 

ちなみにこの「縁」は大きな力を持っています。

特に過去世で楽しく、幸せな関係を築いた相手の場合
その楽しく、幸せな記憶が潜在意識に記憶されています。
なのでその過去世での映像が見えなかったとしても
過去の幻想にとらわれしまうことがあるんですね(/ω\*)

 

そう、それは今世からすると幻想なんです。
またこの幻想というのは…心身ともに弱っている時、
その威力を最大限に発揮するんです(;´Д`A

 

本当はその相手との一瞬の関わりによって前進出来るはずだったのに
思いっきり立ち止まっちゃうんですね…その出会いに執着しちゃうんです。

今世で約束してきた役割は「協力者」なのに
恋人になりたい
結婚したい
と。。。

 

ちなみに私もこの勘違い、体験した事がありますが…

「Bodyを持った自分」と「本質の自分」「本来の私」
が分離している限り、抜け出せません。
「これは幻想だ」「どうも違う気がする」
と頭で分かっていても、意識がついてこないんですね。

私の場合…残念、いやラッキーな事に
その幻想が恋愛や結婚まで発展する事はありませんでしたが

たまたまあらゆるタイミングが合ってしまい
役割外の現象化…恋愛や結婚に発展するカップルも多いようです。

 

でも、↑↑↑この形で成立したカップルは心のどこかで
「どうもしっくりこない。。。」
と思っているんですね。
実は「本来の自分」からの声も、ちょこーっとだけ聞こえているんです。

だから、よく聞きません?
「妥協しちゃった」
という言葉(;´Д`A

 

これが男女間におけるエゴ文化からの影響です(/ω\*)

ではエヴァ・エネルギーが急速に増大している今、受けてる影響は?
最近の社会現象を見ていると、予測がつきますよね?

この続きはまた次回〆(・ω・o)

 

姫だるま^^

written by 姫だるま at 2009年7月7日7:07 PM
\\ tags: , , , , , , , , , ,
この記事をプリントする この記事をプリントする

6月 30

79話★「~でなければならない」の落とし穴(゚Д゚ノ)ノ」

ファースト・ステージ at 2009年6月30日1:30 PM コメントは受け付けていません。

こんにちは、姫だるまです(*^・^*)

次元上昇や進化の過程、楽しんでいますか?

 

この短期間で自分自身を深く知り
「日々、自分の感覚や行動が変化しているんです(*´∇`)ノ」
なんて楽しい発見をされてる方も多いと思います♪

この次々に出てくる新たな自分や新たな感覚、面白いですよねぇ~
自分の事なんだけど、自分の事じゃない、みたいな…(*´▽`*)ゞ

その新たな自分に執着しなければ
短いスパンでパンパン出てきますヾ(^ω^*)

 

次元上昇や進化の過程で必要な体験を
次々とさせてくれるんですね♪

 

そう、ここで出てくる新たな出来事は進化の為の通過儀礼なので
様々な感情、様々な行動、様々な体験を
スルッと通過させるだけでOKです*:.。.☆

・この新たな感情をどうしよう
・この新たな行動パターンをどう生かそう
・この新たな出会いをどう深めよう

などと立ち止まったり、執着しなくても大丈夫〃^∇^)o彡

 

もし、この先も必要なものでしたら
自分から保持しなくても、ちゃんと自分のテリトリー内に残ります。

 

なので、

・どんな新たな体験と出会えるんだろう?
・どんな新たな感情が湧き上がるんだろう?
・どんな新たな自分と出会えるんだろう?

という広い心で、ドーンと受け止めてみて下さい.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

今、自分に降り掛ってくる出来事は
次元上昇や進化に必要なアイテムばかりです*:.。.☆

「スルッと通過させるだけ♪」
と決めてさえいれば、本当にスルッと通過してくれるので
常にニュートラルでいて下さいねヾ(^ω^*)

〆(・ω・o)「ニュートラルな自分」に関しては「こちら」(65話

 

 

ではでは…
78話に書いた「次元間を行ったり来たり…」に関してですが(*^・^*)

「アセンション、次元上昇の波に乗っかる!」
「波長、波動をUpさせる!」
「エヴァ的な生き方を目指す!」

と決心したら、是非、高次元的な法則、流れに乗っかって下さい♪

 

ちなみに…
・次元上昇すると決めたから、こういう生き方をしなければならない
・エヴァ的な生き方を目指すなら、こういう考え方をしなければならない

↑↑↑この「~しなければならない」というのは三次元的な考え方です。
意志は高次元に向かっていますが
意識・考え方が自己限定、判断、比較に属しているんですね。

方向性は間違えてないのに、三次元に踏み止めてしまう。。。

 

「~しなければならない」という発想は
「私」が主導権を握っている状態ですよね。

Bodyを持った「私」、表面上の意識、顕在意識
が主導権を握っている限り、大きな進化は期待出来ません。

なぜなら↑↑↑これらの「私」「意識」は三次元だからです。

 

波長Upや次元上昇していく過程というのは
出来てる/出来てない、いい/悪い
という判断の連続ではなく「選択」の連続となります。

なので
意志を高次元に向けたら、

どう表現したら分かりやすいでしょう…

 

自ら自分の足でその方向に進んでいくというよりは
目の前に提供された出来事をエヴァ的感覚でチョイスする…
いや、
エヴァ的感覚で受け入れる…という感じでしょうか。。。

「アセンション、次元上昇の波に乗っかる♪」
と決心した時点で意志は高次元に入っているんですね*:.。.☆

 

という事は、
「私」を取り巻く状況も、目の前に起こる現象も
実はぜーんぶ「受け入れOK」な訳なんです
+.゚(*´∀`)b゚+.゚

 

なぜなら高次元の世界には
可能/不可能、いい/悪い
という二元性は存在しないので(*´-`*)ゞ

 

なんとなく、ピンときました?

 

姫だるま^^

written by 姫だるま at 2009年6月30日1:30 PM
\\ tags: , , , , ,
この記事をプリントする この記事をプリントする