2012年に高次元へのアセンションにうまく乗れるように自身の生活をシフトしておきましょう。そのための情報を提供します。アセンションを楽しむスピリチュアルなサイト。

2月 04

36話★では「本質」の探究って???(-ω- ?)

ファースト・ステージ at 2009年2月4日3:40 PM コメントは受け付けていません。

こんにちは、姫だるまです。

本質からくる自分の役割、使命について
何か「ピン♪」とくることはありましたか
ヾ(^ω^*)

いきなり「本質」とか「使命」とか言われても…
(;-ω-)ノ
という方もいると思います。

 

ちなみに私は
何をやっていても「しっくり」こなかった20代前半、
「私の今世の使命とは!?」と不意に追求を始めた訳ですが

「使命」=「人生を懸けて果たすべきもの」
…という事は「壮大なもの」に違いない!
と勝手に勘違いをしていた為
v(*´>ω<`*)v
「これだ!」と思うまでに何年も掛かってしまいました
(;´Д`A

そう、
「これだ!」と思うのと同時に「これだったかぁ。。。」みたいな…

私にとってそれは
自然に出来る行為、身近な行為だった為、
それが「使命」「本質の役割」だとは思わなかったんですね。

 

もっと、なんでしょうね…
その「使命」を見つけるのも困難、
見つけた後も困難、
困難故に、それを果たせたら
今までにない満足感や充実感を得られるのではないか
( *´艸`)
なんて思ってまして。。。

でも実際、それがとても身近な事であっても
「これが私の使命」
と自分の中で認識出来ると
胸(ハート)が歓ぶというか、全身の細胞が歓ぶというか、
今までにない高揚感を味わえました
〃^∇^)o彡

 

自分のBodyもそうですけど、
自分を取り巻く全ての存在に
「よかったねぇ、見つかって♪」
と祝福されてる感じです
心がフルフルします・*:..。o○☆*゚

 

「使命」「本質の役割」は
その人が持って生れた「性質」「才能」「能力」と言われています。

そのため
自分にとってはとても身近な行為であったり、
得意な事、好きな事、トライはしていないが興味がある事
を探ってみると、「ピン♪」とくるものがあるかもしれません
(*´∇`)ノ

実際、見つける事が出来たその「使命」「本質の役割」
がとても身近な事柄だったとしても

今回の人生を丸々使って
その「本質」を磨き続け、発揮し続ける訳ですから、

今はその「使命」がどんなに些細な役割だったとしても

行動、発揮、発信する中でバージョンアップし、
思いもよらぬ、壮大な結果を生み出したりするのです
*:.。.☆

 

では最後に…
以前も紹介した事のある
「ミュータントメッセージ」という本より、
動植物についての「本質の役割」を
引用させて頂こうと思います。

 
このメッセージは、
5万年前からオーストラリアの砂漠地帯で生き続けてきた
「真実の人」族というアボリジニの小さな部族から発信されたものです*:.。.☆

植物王国の目的は動物と人間に食べられる事、土壌を流さない事、美を強調する事、環境を調和させる事にある。
植物と木は私達人間に静かに歌いかけていて、彼らは私達がお返しに歌いかけることだけを求めていると教わった。それを聞いた時私はすぐに自然界の酸素循環の事を考えた。
動物の第一の目的は人間に食べられる事ではない。必要に応じて食べられることもあるが、第一には環境を調和させて人間の仲間、教師となることにある。
だから彼ら(「真実の人」族)は行く手に待っている動物や植物に向かって毎朝メッセージを送るのだ。
「私達はあなたがたの道を通ります。あなたがたの生きる目的に敬意を表すために」。
仲間のだれが食べられるかは、動物と植物が自分達で決める事だ。

引用:「ミュータントメッセージ」マルロ モーガン著

 

姫だるま


 

※36話の参考書籍

ミュータント・メッセージ (角川文庫)
ミュータント・メッセージ (角川文庫)
マルロ モーガン,Marlo Morgan,小沢 瑞穂

written by 姫だるま at 2009年2月4日3:40 PM
\\ tags: , , , ,
この記事をプリントする この記事をプリントする

1月 10

28話★宇宙から与えられた才能.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

ファースト・ステージ at 2009年1月10日1:11 PM コメントは受け付けていません。

「宇宙から与えられた才能を知らないまま
一生を送る人がいるというのは本当なのか?」
とアボリジニ族の青年から聞かれ、
「自分には才能がないと思っている現代人は大勢いる、
死ぬ時まで人生の目的を考えない人が多い」
と私は答えた。
質問した男は首を横に降りながら目に大粒の涙を浮かべた。
そんなことはとても信じられないという表情だった。

これ↑↑↑は
「ミュータントメッセージ」という本に出てくる一節で、
アボリジニ(真実の人)族というオーストラリアの原住民族と、
著者/マルロ・モーガンの対話です。

 

今、この対話をパソコンのキーボードで打っているだけで
このアボリジニ青年の愛を調和を感じ、
涙が出そうになるのですが…
(´ДÅ)

この「宇宙から与えられた才能」こそ、
25話で書いた「プラス面・才能発揮」です*:.。.☆

このブログを読んで下さっている方にも
すでに、この「才能発揮」に直面している方が大勢いると思います
(*´∇`)ノ

 

 

では、この「才能」はどうやって見い出すのか…

  • 無意識のうちに自然と見い出す人
  • ヨガや自己鍛錬の延長線で見い出す人
  • ある日突然才能を見い出す人
  • 日常で起こる大きな試練を越えて見い出す人
  • 必要に迫られ見い出す人

タイミングやシチュエーションは人それぞれであり、
「これをやれば見つけられます♪」
というマニュアルはありません
(;´Д`A

マニュアルはありませんが…
見つける、見い出す、気づく方法の1つとして、

「私」という存在を探求し、
「私の本質」を探究する

というのが近道であり、必須条件と言われています
〃^∇^)o彡

〆(・ω・o)「自分探し」の第一歩については「こちら」(13話

私がまさにそうだったのですが、
自分の新たな能力を発見したり、
才能に直結したメッセージを受け取っても、

「私」が「自分自身」の事を分かっていないがために
それが「与えられた才能」だと気づく事が出来ない
(;-ω-)ノ

そう、意味が分からないのです
(;´Д`A

「なぜこんな事が出来てしまったんだろう???」
「この状況(現象)は偶然だ。。。」
↑↑↑
と、つい見て見ぬフリをしてみたり(-ω-ゞ

「何か聞こえた、かも。。。」
「関係ない情報が何度も頭をよぎる。。。」
↑↑↑
と、つい聞こえなかったことにしてみたり(-ω-ゞ

 

「私」が「自分自身」のことをよく理解していれば
こんな残念なニアミスは起こらないはずなのに…

そんなニアミス、
せっかくのチャンスを逃さない為にも、

誰にでも例外なく、超能力的な才能は持っている

ことを認識して下さい・*:..。o○☆*゚

「誰にでも、例外なく」
ですからね+.゚(*´∀`)b゚+.゚

 

そして、
「私」という存在を探求し、
「私の本質」を探究する
為にまずやるべき事は…

今の自分をそのまま受け入れる事です
 

どんな自分も、まるっと受け入れてあげて下さい。

嫌いな自分も、ブレてる自分も、イケてない自分も、
まるっと丸ごと受け入れてあげて下さい。

この世に「私」という存在は1人しかいないのです♪
この大変な時代に「地球」という惑星を選んで生まれてきた自分を
ほめてあげて下さい
.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

自分が思っている以上に「私」という存在は素晴らしいのです*:.。.☆

 

姫だるま


※28話の参考書籍

ミュータント・メッセージ (角川文庫)
ミュータント・メッセージ (角川文庫)
マルロ モーガン,Marlo Morgan,小沢 瑞穂


written by 姫だるま at 2009年1月10日1:11 PM
\\ tags: , , , , , , , ,
この記事をプリントする この記事をプリントする