2012年に高次元へのアセンションにうまく乗れるように自身の生活をシフトしておきましょう。そのための情報を提供します。アセンションを楽しむスピリチュアルなサイト。

12月 13

2nd★12話「与えられた」タイミング*:.。.☆

セカンド・ステージ at 2009年12月13日8:00 PM コメントは受け付けていません。

こんにちは、姫だるまです
(*^・^*)

日々、私達は
無意識のうちに

エネルギーや愛
きっかけ
気付き
ギフト
などを

与えられ ⇒ 受け取る
を繰り返しているが
(*´∇`)

 

11話で書いた

あの一連の
全ての出来事は

まさに「与えられた」

としか言いようのないタイミングで

客観的に見れば
それはとても
見事だったように思う

 

もし
何の準備もなく…

例えば
春頃の私の状態で
一連の出来事がスタートしたならば

たぶん
ひとつひとつの出来事に敏感に反応し

「受け入れなければ」
と、思いながらも

言い訳したり…
自己弁護したり…

自分が傷つかないよう
必死に思考が働いたと思う

 

だけど
実際それが起こった時の私は

思考回路がボヤけてて
反応がにぶくて

とても、「要領よく思考を働かす」
なんてことは出来ず

言い訳したり
自己弁護する
余裕はまるでなかった

 

でも
その
与えられた「きっかけ」を

飾っていない
弱い自分のまま
時間をかけ
心の奥に浸透させたことで

とても重要で
とても大きな
「気付き」
に到達することが出来た

 

とはいえ
現象化がスタートした
始めの3~4日は

どう日常をこなしていたのか
記憶にないくらい

動揺と後悔の
繰り返しで。。。

 

でも
泣いても
後悔しても
神に祈っても

何も現実は変わらない
ということに気付き

そういう
何も生み出さない状況に嫌気が差し

まずは
たくさん責めてしまった
自分自身を精一杯癒し

今の私が
猫と心友のために出来ること
を必死に考えた

 

そう
ここで実力を発揮したのが

これまで
ただ「ヒマ」という理由で始めた
セルフ・ヒーリング*:.。.☆

アロマテラピー
フラワーエッセンス
ホメオパシー
マクロビオティック
クリスタル・ヒーリング

気付けば
そのメニューは
随分と増えていた

 

もちろんそれらは
所詮、素人の域だが

でも
ほぼ全ての方法を

自分と猫と心友に
リアルタイムで
役立てることが出来た
(*´-`*)ゞ

 

そう
全てが全て

とても重要で
とても大きな
「気付き」
に到達するために

周到に
準備がなされていたわけで…

私の意識が
ネガティブからポジティブへ
切り替わった瞬間

止まっていた時間が
大きく
エネルギッシュに動き始め

状況が
日を追うごとに
好転していった
(*´∇`)ノ

〆(・ω・o)続きはまた次回。。。

 

姫だるま^^

written by 姫だるま at 2009年12月13日8:00 PM
\\ tags: , , , ,
この記事をプリントする この記事をプリントする

12月 10

2nd★11話★タラタラ~ン♪から一転(`*ω*´)

セカンド・ステージ at 2009年12月10日7:30 PM コメントは受け付けていません。

こんにちは、姫だるまです
(*^・^*)

これまで
何度となく言い
繰り返し決心してきた

「本来の自分を取り戻す」

という
この
最強にして最大のテーマ
ヾ(^ω^*)

こういう大きなテーマは
何度も何度も
決心する必要があるみたいで…

決心するたびに
心のブレが少なくなり
その時の自分に見合った

「気付き」とか
「現象」が起こり

それをクリアしながら
変化し、前進し、進化していく
〃^∇^)o彡

 

そして
今年の夏の終わり…

何度目かになる
「本来の自分を取り戻す」
という決心は

10話で書いた

ちょっと退屈だけど
でも満足感は残る…
という

輪郭が、妙にボンヤリとした

タラタラ~ン♪とした
平和な日々をもたらした
(*´-`*)ゞ

 

この
平和でボンヤリとした
刺激の少ない日々は
一体私に何をもたらすんだろう…
( *´艸`)

なんて思いながらも

やっぱり
なんとなしに
クセみたいな感じで

「本来の自分を取り戻す」

と唱え、決心すると

今度は
タラタラ~ン♪を
一気に払拭するような
ショッキングな現象を
バーン!
と、もたらした
(>д<。*)ノ

 

平和ボケしていた私は
本当に色々なことに
鈍感になってて

もう
一時が万時
ズレ、ズレのズレまくりで

そのズレが
その鈍感さが

大袈裟な事態を
引き起こしたかのように見えた。。。

自分自身に関しても
入院してしまった猫に関しても
病気が悪化してしまった心友に関しても

私が鈍感じゃなければ
私が後回しにしなければ

全て
どれもこれも

回避できたように思えてならなかった。。。

 

「目の前に起こることは全て必然」
なんて
しょっちゅう
まるで当たり前かのように
このブログでも書いてきたけど

いざ自分がその状況になったら
とてもそんな悠長なこと
言ってられず

「気付き」も
「現象」も

全て
後悔と涙へ直結した

 

あんなに
「ごめんなさい」を連呼したのも
あんなに
神様に祈ったのも
初めての体験だった

でも
それら一連の流れを
受け入れられた今、思うのは

あの体験は
あの時の私にとって必然だった

ということで…

私はその対応策を
実は
地味に準備されられていた…
ようだ。。。

〆(・ω・o)この続きはまた次回。。。

 

姫だるま^^

written by 姫だるま at 2009年12月10日7:30 PM
\\ tags: , , , ,
この記事をプリントする この記事をプリントする